FC2ブログ


今表示している記事 / Title

--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

山裾の白紫陽花と茅萱(チガヤ)の白穂

23:08

このブログとは別に、日頃思うことを書く雑文ブログを立ち上げたのですが、

そこに先月更新した記事『夏空に映える緑に包まれて、埋もれゆく山道』の

散策中に撮った写真です。


                     


時は6月半ば。

夏空と変わらない青さと陽射しの強さに、

全身を汗でびっしょりと濡らしながら、

私は気の赴くままに隣町の山沿いの集落を歩いた。


IMG_2041.jpg

この紫陽花の横では、老人が煤けたドラム缶に雑草や竹を詰め、

炎が中から見え隠れするほどの強さで燃やし、

噎せ返る空気の中を、なんとも香ばしい匂いが黒煙とともに充満していた。


こういった光景を見る度に、”東京の隣県” ”都心から1時間半”とはいえ

やはり私の住んでいるところは田舎なのだなぁと実感する。


IMG_2043.jpg

山に沿うように通る道から少し入ったところ。

茅萱(チガヤ)の白い穂が群生している所があった。



まだ外に出る前の若い穂は甘く、

その昔、子供がおやつ代わりに噛んでいたというが、

後ろの森の暗さと対をなすように

穂は一足早い夏の香りを乗せた風にそよそよと揺れる度、

光をキラキラと反射し、目映いばかりに銀色に輝いていた。




(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉
スポンサーサイト
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

夏の棚田に凜と咲く蓮花

22:34

IMG_2195.jpg

家から車で片道30分ほど走った隣の市にある棚田。

IMG_2199.jpg

そこから更に山へ10分程走ったところにある蓮田がある。

陽が傾く時間帯であったが、蓮の花がちょうど咲いていた。


幼い頃から観る度に思っていたが、やはり蓮の花というのは、

見ているだけでどこか背筋を正したくなるような厳かな雰囲気がある。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

流汗淋漓たる陽気に、涼やかな一条の風吹く寺の境内

17:37

沖縄や九州、長野で大きな爪痕を残した台風も
関東へ来る頃には、時折強風を吹かすのみとなり、
明けて朝。

雲ひとつ無い、まさに台風一過の天候となった。


午前中、用事をひと通り終わらせた私は、
まさに流汗淋漓の態であったが、
友人と近所の寺へと足を延ばした。

IMG_2144.jpg


広々とした寺の境内の砂も陽に照らされ、
夏を感じさせる一種独特の噎せ返る熱気を帯びている。

お堂の階段に二人して腰を下ろし、
境内を眺めつつ午後のひとときを過ごした。


IMG_2251.jpg


黒々とした天水桶と丸輪の飾り雨樋。
水面には一足早い夏空を映す。

脇に続く渡り廊下のお陰もあってか、
時折、頬を撫ぜる風は涼やかで爽やか風であり、
私は深く息を吸い込み、頭上の太陽を見上げた。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。