--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

翼広げ青空へと羽ばたきたつ鳶

22:59

海沿いの道路を歩けば、

夏の陽射しに照らされて熱せられたアスファルトのにおいと

心地よい波音と共に吹いてくる潮の香りが混ざり合い、

何とも言えぬ気持ちになる。


ふと海沿いの道路に面した建物を見上げれば、

まさに鳶が飛び立つ瞬間であった。




その眼から見える景色は、どんな景色なのだろう。

一度でいいから見てみたいものだ。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉
スポンサーサイト
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

夏の緑に薄紫の小さき花、庭石菖(ニワゼキショウ)

23:46

このブログとは別に、日頃思うことを書く雑文ブログを立ち上げたのですが、

そこに先日更新した記事『夏空に映える緑に包まれて、埋もれゆく山道』の

散策中に撮った写真です。


                     


どこか懐かしい土の香りが立つこの時期。

かつて水を湛えていたであろう田は、今や生い茂る夏草の天下になっていた。


その緑の中にただ一点。薄紫の小さき花が目を引いた。



IMG_2087.jpg


この花は庭石菖(ニワゼキショウ)といい、アヤメ科の仲間である。

『何(いず)れ菖蒲(アヤメ)か杜若(カキツバタ)とよく呼ばれる
あれらの花と同じ仲間なのである。

その他思いつく限りに列挙すれば、
時期になるとよく匂うフリージアやクロッカス、
グラジオラスやシャガ、ジャーマンアイリスやヒオウギ、
そして香辛料として料理に使われるサフランもアヤメ科だ。


だが、その中に於いて私はこの庭石菖の花が大好きだ。


決して大きな花をつけ可憐でないが、

決して芳しい甘い香りを漂わしもしないが、

それでも誇らしげに陽を浴び、質素に咲き誇るこの花の中に

なにか幼い頃に見た農村の景色を思い出す。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

野薊咲く広き草叢、幼い飛蝗はどう生きゆくのか…

00:58

このブログとは別に、日頃思うことを書く雑文ブログを立ち上げたのですが、

そこに先日更新した記事『夏空に映える緑に包まれて、埋もれゆく山道』の

散策中に撮った写真です。


                     




明治期には此処を通っていたものの、今や廃れた山道をやよ暫く歩きて

ふと立ち止まったところ、咲いていた野薊の紫が目に飛び込んだ。



その側には一匹の幼い飛蝗。


人の目から見ても決して狭くない荒れた草叢。

この飛蝗からしてみれば、それはそれは広大な森であろう。

天敵も多い弱肉強食の世界。


成虫として立派にその生命を全うできるのか…


野薊を撮ろうとして写り込んだ小さな命の今後を私は案ずる。




(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

今は無き児らの声と夏風に揺れる山螢袋(ヤマホタルブクロ)

22:18

このブログとは別に、日頃思うことを書く雑文ブログを立ち上げたのですが、

そこに先日更新した記事『夏空に映える緑に包まれて、埋もれゆく山道』の

散策中に撮った写真です。


                     


IMG_2074.jpg


海沿いの集落から山の集落へ抜ける

コンクリート舗装のくたびれた山道の傍らで、

斜面からポツポツと桔梗科特有の釣鐘型の花が咲いていた。


この淡桃色の花は山螢袋(ヤマホタルブクロ)

普通の螢袋との違いは、花の付け根の萼にあり、
写真のように萼が角張り浮いているのが、ヤマホタルブクロの特徴である。


IMG_2081.jpg


その昔、児らが飛び交う螢をこの花の中に入れ、

提燈のように明るく灯る様子を楽しんだところから、

ホタルブクロという和名がついたが、

児らの声が途絶えて久しい山間の集落にも

季節を知らせる花として、

涼しい川風にそっと吹かれ、揺れていた。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

夏空―鄙びた街の昼下がり

19:39

先日、日頃思うことをそのまま記事にする雑文ブログを立ち上げたのですが、

そこに昨日更新した記事『夏空に映える緑に包まれて、埋もれゆく山道』の

散策中に撮った写真を数日にわたって更新します。


                       


IMG_2118.jpg

時刻は正午を回っていただろうか。

嘗てはタバコ屋かなにかを営んでいたんであろう家の前を通り、四つ角を曲がる。


真夏を思わせる炎天の下、ふらふらと足の赴くまま歩く。


開け放たれた窓からテレビの音や大きな笑い声が聞こえ、

人がいるのだなと感じるものの、外には誰も居ず。

(結局、約3時間の散策中に出会った人は3人だった)


IMG_2026.jpg


近くの公園に立ち寄ってみると、道路に面したドブ板にパンダの注意書き。

何とも言えぬゆるい絵と、色褪せ疲れた感じが、

なんとも撮らずにはいられなかった。


IMG_2027.jpg

そこから更に路地を入ったところで、

太陽の目映い光を浴び、より一層美しく白い薔薇が咲いていた。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。