--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

鬱々とした日々からの気分転換に山へドライブ

22:51

来る日も来る日も鬱々とした日々の繰り返し。

気付けばカメラを持ち出して何処かに行くこともなく、
気晴らしに撮った写真を載せていたこのブログの更新も
パッタリと止めてしまったままだった…。


あっという間に気付けば今年も5月半ば。
日々の繰り返しの中で、自分自身を見つめ直す機会が最近多くなってきた。

偶には気晴らしにでも山へ行こうと、薄曇りの中、
久しぶりにカメラを持ち出してドライブへ行った。

健気に咲くスミレ 
山の中でひっそりと爽やかなそよ風に薄紫の花弁を揺らしていた菫。

果たしてこれが、ミヤマスミレなのか、タチツボスミレなのか
そこまでは分からないが、辺りの道端によく咲いていた。

果たしてなんという菫なのか… 明日の仕事は少し前向こう

常に後ろ向きな自分の思考も少し前に向けそうな気がした。

  (写真はクリックすると大きくなります) 
〈撮影機種:Canon PowerShot SX60HS〉
スポンサーサイト
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

光陰矢の如し。もう今年もあと一ヶ月残すのみ…。

22:12

このブログ、前回の更新がなんと今年の4月15日。

子宮頸癌と闘っていた母と桜を見にドライブへ出掛けた時のことを
ブログに更新していた。


そして、忘れもしない6月12日。
母は癌に全身を奪われ、59歳で息を引き取った。
(数日前から危篤状態だったため、本人には当然意識は無かったろうが)
最期。息を引き取る瞬間、必死に呼び掛ける私をじっと目に焼き付けるように
閉じていた目を見開いて、数秒視線を交わしたことが今でも忘れられない…。


あと2週間で、それから半年。
時の流れは心を追い越して過ぎてゆく。
まさに光陰矢の如し。

休みの日に中々時間が取れない現状だけれど、
今一度、趣味に息抜きに写真を撮って頑張りたいところ。
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

欅の緑に包まれて感じる春の陽射し

23:42

母が大きな病だと診断され、入退院を繰り返し始めてからというもの、

気付きもせぬままに今まで以上に日々の生活に追われ、

また、写真やブログともいつの間にか距離をとってしまった。


でも、今日の青空を見た私は、ふと母と一緒にカメラを持って出掛けようとそう思った。


IMG_0317.jpg


半年前までは元気だった母も、今は杖を頼りに立っている。


自宅から小一時間のところ、ダムの畔にしっかと根を張る欅。


IMG_0290.jpg


春の青に映える新緑に、負けじと桜も、花を散らしながら風に揺らす。


IMG_0298.jpg


そして欅の根元には、鮮やかな蒲公英が「自分も此処にいる」と陽を受ける。


IMG_0316.jpg


そんな春に包まれて、私と母は今日も生きている。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon EOS 70D 撮影地:市原市高滝周辺〉
いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

月変えの満月

00:28

IMG_2350.jpg

蚊に体中刺されながら、手持ちで撮影。



来る8月が皆様にとって、素晴らしい月でありますように…


と、祈る月変えの月。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon PowerShot SX260HS〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 

梅雨前の陽に輝く栗の花

22:04

梅雨前の陽射し。

夏のようだと錯覚するほどの暑さに射られつつも

小さな小さな花の集まりは幻想的に光り輝く。

IMG_0214.jpg


題材になっているのが栗の花ということで、

この写真がひと月程前に撮った写真ということがバレてしまうのだが、

なかなかブログを更新できる状況になく、今日まで遅れてしまった…。



(写真はクリックすると大きくなります)
〈撮影機種:Canon EOS 70D〉 いつもご覧下さり、本当に有難うございます。
にほんブログ村 写真ブログへ  にほんブログ村 写真ブログ 散歩写真へ 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。